マカエキス末20:1

【製造国:ペルー】 マカとは

マカ(Lepidium meyenii walp.)は、主にペルーのアンデス中部の
標高の3500-4500mの高地で少なくとも2000年以上前から栽培されています。

栽培や収穫にはアンデス民族の伝統と習慣に則った儀式が行われ、大地の神への捧げ物とされます。

主に食されるのは、マカの地中部分です。収穫された新鮮なマカの根を太陽光線に直接さらすことで、マカに含まれる天然の澱粉が天然の糖分に変わり、甘味と栄養価のあるマカパウダーとなります。

Campo_de_Maca 2[1]マカは大地の栄養分を吸収するため、マカの種まきは真新しい土地か
少なくとも5年間寝かせた土地で行われています。
マカが栽培される高原にある石や岩は、カルサイトやドロマイト、そ
の外のミネラルを豊富に含む土壌であり、そのため、マカはタンパク
や不飽和脂肪酸のほかにも多くのミネラルを含んでいます。
 
 

DSC_0118

マカは人の食料だけでなく、家畜にも与えられてきました。
インカ帝国では、主に出生率の改善に使われてきました。
高地では出生率が少ないと一般に考えられていたので、出生率の改善は不可欠と考えられていました。
現在、ラットのモデル研究で、餌中のマカの量と精子数の改善などの相関が証明されています。

  

また、ヒトの試験で、男性だけでなく女性の受胎率も改善することが示唆されています。また、マカの持つアルカロイドであるグルコシノレートがテストステロンなどが関係する前立腺重量の増加を緩和することがわかっており、癌予防特性が期待されています。

さらに、マウスの強制水泳実験で、抗疲労効果やストレス耐性などが示唆されています。これはマカの持つ、タンパク質や様々な不飽和脂肪酸・ミネラルなどが関係するのではないかと考えられています。
ニジマスなどの魚を使った実験では、成長率の改善が顕著に見られました。マカが成長ホルモンを刺激し、疾病やストレスへの抵抗性を高めるからではないかと指摘されています。
 
実際、マカにより白血球の数が増加しており、免疫力の改善が示唆されています。
マカはメス卵巣摘出ラットにおいて、大腿骨のカルシウム量を有意に増加させる。このことから、マカが閉経後の女性の骨粗鬆症に寄与すると考えられます。
このように、マカの摂取は男性・女性双方に有用とされ、現在もそのメカニズムの解明に多くの研究がされているスーパー作物です。​

—————————————————————————————————————–

製品情報

有機JASマカ粉末、マカエキス末(20:1)、マカ水溶性リキッドエキス
原料:マカ 
原産国:ペルー産
最小出荷数量:お気軽にお問合せ下さい
製品規格マカエキス末(20:1)

 項目  規格
性状   茶褐色の甘みのある粉末
溶解性  水に溶解
 純度(グルコシノレート)  2.5%以上
 重金属(Pbとして)  10ppm以下
 ヒ素  2ppm以下
 一般生菌数  3,000個/g以下
 カビ・酵母  300個/g以下
 大腸菌  陰性

原料一覧を見る

お問い合わせ対象の原料名 必須
貴社名 必須
ご担当者名 必須
ふりがな 必須
郵便番号 -
ご住所 必須
お電話番号 必須 - -
FAX番号 - -
メールアドレス 必須
メールアドレス 確認用
お問い合わせ内容 必須


原料一覧

pagetop